top

アライアンス一覧

施工実績へリニューアル
----------------------------------------------------------
リユースの時代といわれる21世紀こそリニューアルに大きな脚光が
私たち内野建設では、「リニューアル」を建物が本来有している機能を持続させる維持・保全工事と、建物の既存の機能を上まわり新しい付加価値をつける機能向上工事に大別して考えています。
----------------------------------------------------------
「適切なリニューアルは、ビル・マンションの資産価値を高めます。」

建物は、人間と同じように、動脈・静脈・神経(ライフライン)、心臓(ポンプ類)、皮膚(躯体を守る被覆、防水層、各種仕上げ材)をもっていますが、私たちと大きく異なるのは、「自己治癒力」が備わっていないことです。
ですから、目に見えない小さなキズでも放置しておけば、自然治癒はおろか、日ましに悪化させていくことは自明のことといえるでしょう。
病気(不具合)の早期発見 ・ 早期手当てが、いかに建物において重要であり、適切なリニューアルが、 結局は短い治療期間(工期)と安い治療費(工事費)で資産価値の快復(再生)をもたらすことがおわかりいただけると思います。

 

建築したときは最新でも、何も手を入れなければ、すべてのビル・マンションは、次第に市場ニーズとそぐわなくなり、資産価値を低下させていきます。
とりわけ近年のIT革命、高齢化問題、ライフスタイルや健康意識の高まりなどの社会環境の変化は、建物のクオリティに対して大きな影響を与えています。
つまり、トレンドに合わせた機能向上を果たせないビル・マンションは、空室問題に悩まさせるなど、その存続すら危ぶまれることになります。